6000万円でセミリタイア!30代子持ち夫婦がFIREを目指す理由とその計画とは?

FIRE

昨今の経済低迷や格差の拡大を受けて、欧米を中心にアーリーリタイアを目指す考え方が20~30代の間で流行しています。FIREとは、​Financial Independence Retire Earlyの頭文字をとった造語で、「経済的に自立し、早期退職する」ことを意味します。

本ブログの大きなテーマとしているFIRE。

果たして一介の社会人一家が何を目的に、いつまでに、どうやって経済的自由を勝ち取るのか綴っていきたいと思います。

スポンサーリンク

なぜ早期リタイアするの?

夫むーの理由

初めに断っておくと、働くのがイヤな訳ではないです笑

今勤めている会社は残業代はきちんと支払ってくれますし、休みも取りやすく、給与水準も悪くない恵まれた環境だと思っています。

しかしながら、成果の有無にかかわらず毎日決まった時間拘束され、プライベートな時間を優先するのが是とされない事に違和感を感じています。

残念ながらそうでない会社は日本において極少数でしょう。

今まで自分のためだけに生きてきた私も人の親となり、自分を含めた家族のために生きる事を考えた時に、果たしてこのまま年老いるまで貴重な時間を割き続けて良いのか?と考えるようになりました。

私がFIREを目指すのは、労働に縛られる事無く、時間とお金の使い方は自分たちで自由に決めたい!というのが理由です。

経済的自由を手にすれば、遊んだり、何かを学んだり、場合によっては働くこともできるように、時間の使い方が自分の思うがままとなります

むー
むー

あくまでFIREは上記を実現させる手段であって、仕事を辞めること自体を目的としないようにしたいと思います。手段の目的化にならないよう肝に銘じます。

妻みーの理由

税金や社会保険料のコスパ面

みーはコスパという言葉が大好きです。お金を使うのが嫌いなのではなく、価値のないものにお金を使ってしまった時の後悔や罪悪感がとても嫌いなのです。

コスパという観点で、高年収は効率が悪いです。累進課税によって支払わなければいけない税金や社会保険料がどんどんかさんでいきます。

そして収入面だけでなく、支出面でも低所得者が得する税制がたくさんあります。

  • 保育料の自己負担額は年収によって区分がわかれ、1万以下の家庭から、6万以上の家庭もある。(⚠自治体による)
  • 私立高校の実質無償化の要件=年収約590万以下、公立高校の実質無償化=約年収910万以下
  • 配当金控除では、年収が低いほど税率が下がり、年収が195万以下の場合税率が5%
  • 医療費控除では、普通「医療費ー10万」が控除されるが、年収が200万未満の場合「医療費ー年収の5%」が控除される

しかし、低所得者の資産がたとえ1億円あったとしても、その年の所得が低くさえあれば、優遇税制は受けられるのです!!

みー
みー

払う税金の額や保険料が多くても少なくても受けられるサービスが一緒なら、払う額は少ないほうがコスパよい!

娯楽のコスパ

看護師として夜勤をしていると、平日に休みをとれますが、平日の休みのメリットってたくさんあります。

  • 旅行や子連れおでかけスポットの、割安で空いている時期に行ける
  • 電車や道路のラッシュ時間を避けられる
  • 肌荒れや歯科検診など些細なことでも病院を受診できる(健康保険のコスト回収)
  • レストランで一番お得な価格帯である平日ランチにいける
  • 銀行などの窓口が空いている

しかし、1人で休日を過ごしてもできることは限られています。夫に有給をとってもらって旅行に行くこともありますが、もっと一緒に時間を過ごせたら、いろいろな趣味を一緒にできて、楽しそうです。ウィンドサーフィンや乗馬などに手を出してみたい・・・!

みー
みー

混んでいるのが苦手な夫婦なので、空いているのは本当にメリットです!

スポンサーリンク

むー家の目指すゴールとは?

FIREを目指すうえで、ゴールを設定したいと思います。

  • 目標年数は15年後(2035年にFIRE!)
  • 目指すはサイドFIRE(ちょこちょこ働きながら生きる)

15年で早期リタイアするとなると、夫婦とも40代で給与だけに頼らない収入源を確保する必要がありますので、むー家資産の合計金額が6000万円に到達した段階がFIREを実行する目安かなと考えています。

その根拠は以下の通りです。

生活費から逆算する

現在、私たちの月々の生活費は25〜30万円です。

6000万円の資産でざっくり年間配当4%得られれば、年240万円、月々20万円ほどです。

夫婦2人で副業とバイトで10万円〜稼ぐことはそう難しくないでしょう。生活費以上に稼げたら、旅行など遊びに使っていきたいです。年間のうち、1/3は稼ぎ、1/3は遊び、1/3は日々の生活を楽しむなんていうのもいいかもしれません。

余裕があれば、春と秋はおとなしく働いて、夏は北海道冬は沖縄で過ごす渡り鳥生活を実現していきたいと思います。

夢はひろがります!

みー
みー

子持ちなので生活費も不確定だし、資産の運用成績も相場次第だし、iDeCo等の配当金再投資の資産も含まれているし・・・

あまり細かくシミュレーションしても、変動要素が多すぎて意味がないと思うので、6000万というのは直感も入ってます笑

贈与面から考えてみる

私たちは、いつか必ず生命を全うし、あの世へと旅立ちます。その時私たちの資産はどうなるのでしょうか。子孫に引き継ぐことになりますね。

遺産に係る基礎控除額=3000万円+600万円×法定相続人 参考リンク:みずほ証券 相続について

我が家は子供2人以上と考えているため、夫婦両方がなくなったときでも最低でも4200万円は相続税が控除されます。有価証券や現金以外にも、我が家には自宅も相続の対象になります。家は資産価値を失っていても、土地は多少の価値が残っているでしょう。

65歳以上になると公的年金の収入などもありますし、具体的な細かい計算はまた改めてする必要があります。ざっくりとですが、夫婦それぞれの名義で3000万ずつ=6000万円の金融資産を築くことを目標にしたいと思います。

むー
むー

まとめると、15年後に6000万円の資産を保有する事を目指します!

むー家のスペックと資産状況

2021年5月現在の家計の状況と夫むー、妻みーのスペックは以下の通りです。

夫婦共有資産金額
生活防衛資金260万円
貯金(使う用)40万円
投資資産100万円
住宅ローン-2500万円
夫婦共有資産
スペックむーみーちー
年齢30代前半30代前半約2歳
勤務形態正社員正社員
(週3時短勤務)
保育園児
年収700万円300万円0万円
投資資産400万円650万円130万円
個人資産(2021年5月現在)

子供の大学進学資金は、家庭の資産とは別に子供名義で300〜500万を目標に積み立てていく予定です。私立薬科大や医科大に行きたい場合は足りませんが、その場合は我々の資産から奨学金という形で貸与しようかな?

どうやってFIREを実現する?

シンプルに家計の支出を減らして、出来るだけ投資に資金を回したいという考え方で、主に節約・投資・副収入の3本柱でFIREを現実のものとしていきます。

節約

節約と言っても生活水準を下げるような無理はしません。お金や時間を節約できる本当に価値のあるものには相応の対価を払います。

私たちが価値があると判断したものにしかお金を使わない、という事です。

むー家の価値判断基準
  • 時短できる!
  • お金が節約できる!
  • 健康に資する!
  • 長く使えるシンプルで飽きが来ないデザイン!
むー
むー

このブログではそういった価値のあるものを皆さんに紹介できればな、とも思っています。

投資

FIREを実現するために最も重要となるのが投資でしょう。

むー家では投資に重きを置いており、家計から投資資金を確保するだけでなく、夫婦の小遣いからも投資しています。

ここがむー家独特なのかなと思いますが、夫婦それぞれの余裕資金で別々のポートフォリオを構築しています。2人とも投資が半分趣味なのもあり、ある意味夫婦間で分散投資していることになるのでしょうか。笑

むー
むー

FIREに向けて、四半期毎に目標金額6000万円に対して総資産額がいくらになったかの進捗報告をしていきます!

副業

本業以外に収入を得るとなると、中々ハードルが高いものです。本業以外の収入源は以下の通りです。

  • 仮想通貨マイニング
  • ストックフォト
  • ブログ収入(予定)

マイニング

この中でも仮想通貨マイニングがむー家の大きな副収入となっています。ただし、仮想通貨相場はボラティリティが高く、いつ無価値になるかも分かりませんので様子を見ながら運用しています。

ストックフォト

ストックフォトとは、自分が撮影した写真を販売して収入を得られるサービスの事です。趣味でカメラ撮影をしているので、二束三文でもストックフォトサービスで写真を販売していきます。

ストックフォトサービスに登録後1か月の収益についてはこちらでまとめています。

ブログ

最後にこのブログですが、皆さんにとって有益な情報を発信するという命題がある一方、情報を充実させることで今FIREへ向けた収益の柱に成長できれば、とも考えています。

むー
むー

夫婦共々日々勉強し、皆さんにとって有益な情報を発信する事が結果に結びつくと考えています!

まとめ

  • 15年後(2035年)にサイドFIRE!
  • 目指すは6000万円!
  • 余裕があれば渡り鳥生活を実現する!

先ほどの表の金融資産は個人資産、夫婦共有資産を合わせて約1400万。6000万まで残り4600万なので、15年間、月々21万円、一年あたり252万円を貯蓄にまわし、年利2%以上で運用できれば6000万に到達できます。(こちらのサイトで計算しました:ke!san

6000万というと途方もない数字に思えますが、月々21万ならば、共働きで妻の収入をすべて貯蓄にまわし、夫の収入から数万出せれば難しい数字ではありませんね。

みー
みー

Financial Independenceを第一目標として航路をスタートしてまず資産を拡大し、

その道中にRetire Earlyするのかどうか、その後何をするのかはゆっくり考えて具体化していきたいと思います。

むー
むー

長い道のりになりますが、温かい目で見守って頂けると幸いです!

最後までご覧頂きありがとうございます。

私たちはブログランキングに参加しています。
宜しければ応援をお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

FIRE
この記事をシェアする!
むーをフォローする
スポンサーリンク
FIREworks

コメント

タイトルとURLをコピーしました