固定費削減。NASでWordPressを立ち上げたらコスパ最高でした!

アイテム紹介

むー家ではNASでホームネットワークを構築しており、写真や動画を家族で共有したり、帳票や取扱説明書をペーパーレス化したり、PCやiPhoneなどの各種デバイスのバックアップを保存したりしています。

その他にも、NASにWordpressをインストールしており、皆さまに見て頂いているこのブログも全てNASで完結させています。

ここでは、NASでWordpress環境を構築した際のコスパについてまとめてみます!

スポンサーリンク

NASでWordpressブログを立ち上げるメリット

自宅に設置したNASでブログを立ち上げるメリットは以下の通りです。

  • 電気代以外にランニングコストが発生しない
  • 自由に保存容量を設定できる

順番に説明していきます。

電気代意外にランニングコストが発生しない

WordPressでブログを始めようと思ったら、そのデータを格納するサーバーが必要となりますので、自前で用意するか、サーバーをレンタルするかしなければなりません。

自前で用意する方法の一つがNASという訳ですね。

レンタルサーバーを提供しているサービスは複数ありますが、レンタルサーバーの相場は、年間5,000円~20,000円だそうです

一方、NASの場合はHDDを含めると約30,000円ほどのイニシャルコストがかかりますから、レンタルサーバー代だけで最長6年使用すればペイできます。

更に、NAS本来の使い方としてクラウドストレージとして使用するとします。すると、クラウドストレージサービス代が仮に2TBで月額1,200円だとしたら、年間で14,400円ですから、

NASイニシャルコスト 30,000円 ÷(レンタルサーバー利用料 5,000円 + クラウドストレージ利用料 14,400円)= 1.5463…≒ 1.6年

NASの投資回収年月は1.6年と、更に加速します。

むー
むー

NAS導入してWordpressをインストールした場合、クラウドストレージサービスとレンタルサーバーの利用料金を全て削減することが出来ます!!

保存容量を自由に設定できる

レンタルサーバーで使用できる保存容量は、200GBのプランが一般的なようです。

一方、NASでWordpressを構築した場合、搭載するHDDによって2TBや4TBといった大容量を使用することができます。

また、低価格のレンタルサーバでは1台のサーバを複数のユーザで共有して使用することが一般的ですが、NASの場合ですと専用サーバとして利用することができ、高パフォーマンスのサイトを運営できます。

スポンサーリンク

本ブログの環境

2021年7月時点の環境は以下の通りです。

  • Synology DS220j(DSM 7.0-41890)
  • WD 2TB HDD ×2

NASへのWordpressのインストール方法

NASへのWordpressのインストール方法については、以下のサイトが非常に分かりやすいです。私もこちらのサイトを参考にワードプレスを立ち上げたり、各種設定を行ったりしました。

ありがとうございます。

まとめ

  • NASを導入すると、WordPressでブログを立ち上げられる!
  • ブログを運営するためのレンタルサーバー費用クラウドストレージサービス費用が削減できる!

以上、参考になれば幸いです。

最後までご覧頂きありがとうございます。

私たちはブログランキングに参加しています。
宜しければ応援をお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

アイテム紹介
この記事をシェアする!
むーをフォローする
スポンサーリンク
FIREworks

コメント

タイトルとURLをコピーしました