えっ、イーサリアム報酬減るの?ロンドンハードフォーク後のマイニング報酬を検証した。

マイニング

8月5日にイーサリアム(ETH)の大型アップデート「London(ロンドン)」が実装されました。

ロンドンハードフォーク(仕様変更)は、イーサリアムにデフレ性を持たせるための仕組みを実装することで、トランザクション手数料の削減に繋がることが期待されています。

しかし、その変更点の一つに、「マイナーへ支払われる手数料モデルを変更する」というものがあり、今回のハードフォークで実装された中でも特に注目を集めているようで、イーサリアムをマイニングしている身としては見逃せない問題です。

この記事では、イーサリアムのロンドンハードフォークがマイニング報酬にどう影響が与えたのか検証していきます!

この記事はこんな事を書いています。
  • ロンドンハードフォークによってマイニング報酬モデルがどう変わるのか
  • ロンドンハードフォーク後の8月6日~22日のマイニング報酬実績について
  • ロンドンハードフォーク前後のマイニング報酬の比較

イーサリアムのロンドンハードフォークがマイニング報酬に与える影響とは?

スポンサーリンク

マイナーへの手数料はどう変わった?

マイナーへの手数料が変更されることとなったイーサリアム改善案(EIP)が「EIP-1559:ETH1.0チェーンの手数料相場の変更」です。

これにより、従来のイーサリアムトランザクション手数料モデルが変更され、今までマイナーに支払われてきた手数料(ガス代)が「Bass fee(ベースフィー)」と「Priority fee(プライオリティフィー)」の2つに分けられました。

ロンドンハードフォークによるマイニング報酬の変更点を次の図にまとめました。

トランザクション手数料は今まで通りマイナーに支払われるものの、その内訳は「ベースフィー」と「プライオリティフィー」の2種類が存在することは上述しました。

その内の「プライオリティフィー」はマイナーに支払われる一方、「ベースフィー」はマイナーに支払われずバーン(焼却)されるため、市場から消滅します。

つまり、マイナーの手元に残るのは「プライオリティフィー」のみとなります。

これは、マイナーにとっては改悪とも言える変更で、今回のロンドンハードフォークはマイナーからの反発の声が多数挙がっていたようです。

むー
むー

ベースフィーがバーンされることで市場に出回るイーサリアムの希少性が高まり、値上がりに繋がる可能性があるので、一概に改悪とは言い切れませんが。。。

イーサリアムのバーン(焼却)は、株式に例えると「自己株式の消却」のようなものです。自己株式の消却とは、会社が所有する自己株式を消滅させることで、自己株式の消却を行うと、焼却した分だけ会社の発行済株式総数が減少します。市場に出回る株式の数が減少すると、株式の需要に対して供給が減ることになるので、相対的に株価が上がります

スポンサーリンク

ロンドンハードフォーク後のマイニング報酬の検証

8月6日以降のマイニング報酬は?

では早速、ロンドンハードフォーク後のマイニング報酬の実績を確認していきます。下図に、ロンドンハードフォーク後の8月6日から8月22日までのマイニング報酬をまとめてみました。

オレンジの折れ線グラフがイーサリアムのマイニング報酬(ETH/day)です。参考にETH終値の棒グラフを併記しました。見たところ、マイニング報酬はゆるやかに減少傾向にあり、イーサリアム価格との相関があるとも言い難いですね。

合計ハッシュレートが約280MH/sの時のマイニング報酬平均は、「0.0063509ETH/day」 でした。

ロンドンハードフォーク前後の報酬の比較

マイニング報酬は、以下条件での比較としています。

  • 合計ハッシュレート:約280MH/s
  • マイニングプール:Poolin Pool
  • マイニングソフト:TREX(minerstat経由)

ロンドンハードフォーク後のマイニング報酬平均は「0.0063509ETH/day」でしたが、7月の報酬平均「0.0080908ETH/day」に比べて約22.5%減少しています。なんてこった。

8月5日から8月6日にかけてのマイニング報酬もガクっと下がっているので、マイナーへの手数料の減少は確実に EIP-1559 の影響を受けていそうです。

実際の所、ベースフィーがトランザクション手数料の何%ですよ、っていう情報も無く、トランザクションの混雑具合でも変わってくるみたいなので、あくまで参考値としてください。

むー
むー

報酬20%減は辛いですね。毎月20%の価格上昇は期待できないでしょうから、この報酬減分はETHの値上がりでもカバーしきれないと思います。

直ちに赤字転落、という事は無くてほっとしていますが、今後のマイニング報酬についても注視していく必要がありますね~。

まとめ

  • ロンドンハードフォークによって、マイニング報酬が「ベースフィー」と「プライオリティフィー」に分けられた
  • マイナーは「プライオリティフィー」のみ報酬を得られ、「ベースフィー」はバーンされて消滅する。
  • 「ベースフィー」は従来報酬の約20%くらい?
むー
むー

報酬は確かに下がりましたが、マイニングから撤退するほどの収益減とはなりませんでした。ETHの値上がりに期待するとします。。。

最後までご覧頂きありがとうございます。

私たちはブログランキングに参加しています。
宜しければ応援をお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

マイニング
この記事をシェアする!
むーをフォローする
スポンサーリンク
FIREworks

コメント

タイトルとURLをコピーしました